叢生・八重歯の矯正治療例(10代男性 2年7ヵ月)|磐田で歯列矯正なら静岡磐田矯正歯科

静岡磐田矯正歯科

  • JR磐田駅北口より徒歩2分
  • 無料駐車場15台完備
  • 子ども矯正/大人矯正 矯正相談実施中
  • 0538-31-4158

叢生・八重歯の矯正治療例(10代男性 2年7ヵ月)

叢生・八重歯の治療例(Before&After)と解説

八重歯・叢生の矯正治療例

年齢・性別 10代男性
治療期間 2年7ヵ月
抜歯 上下左右1本ずつ
治療費 660,000円(税込)
リスク・注意点 ・歯の移動に伴う鈍痛や歯根吸収が生じる場合がある。
・歯が綺麗に並んだ後は、保定処置を行わなければ歯が後戻りする場合がある。

10代の患者さまで、乳歯列の頃から経過観察を続けてきましたが、永久歯列期完成期に歯の萌出場所不足による歯並びの状態が気になるようになり治療を開始しました。上顎は犬歯部の若干の叢生と前歯の前突感がみられました。下顎は前歯部を中心に叢生が見られました。上下の咬み合わせは前歯部に過蓋咬合の傾向が見られました。

一本残存していた乳臼歯は交差咬合の状態でした。治療方針として上下左右の小臼歯を4本抜歯して治療を行いました。

八重歯・叢生の歯科矯正のページはこちら>>

トップへ戻る